人気ブログランキング |

阿寒湖釣行_120527

03:30に東邦館を出発。
さすがは北国、この時間でも十分に明るい。

4時前にボッケに着く。
左側の馬の背には一人。
右側の馬の背には三人。
皆さん、出足が早いようで・・・

なので、左側の馬の背の手前に入る事にする。
d0166023_1251517.jpg

何も無いまま、時間が過ぎる・・・

馬の背の先端にいたルアーマンが帰ったので、そこに入ってみる。
ファーストインタミでカウント無しでは、手前で引っかかる感じ。

5時前、ファーストインタミにソフトハックルをつけ、普通に引っ張ってくると、
魚信があり、鉤ががりする。
11ft#6のスイッチロッドには、ちょっと大きい魚で、なかなか寄せられず、
なかなか顔を水面に出すことが出来ない。
そんな感じで、楽しませてもらい、45cm位の待望のアメマスが釣れる。
d0166023_1253837.jpg

やっぱり、阿寒湖でアメマスが釣れると超嬉しい。

その後は続かず、何も起こらず、7時過ぎに一旦、納竿し、東邦館に戻る。


d0166023_12511040.jpg

温泉に入り、朝食!


ヤイタイ島から戻ってきたフライマン氏から状況を聞き、
館長の見解を伺い、昼の部へ。



11:30~19:00
硫黄山川流れ込みへ。

銀色で背中の黒い小さな魚が数回、鉤がかりするけれど、バラす

d0166023_125436.jpg

やっぱり、ウグイは釣れるのです。

d0166023_12542768.jpg

鯉に恋した こばぴーさん


微妙な魚っ気に翻弄され、硫黄山川流れ込み近辺をウロウロし、
19時過ぎまで投げ続ける羽目になり・・・

でも、結局は、特に何も起きず、納竿。




d0166023_12552556.jpg

本日の東邦館の夕食は、
サンマの塩焼き、鶏の竜田揚げ、ニジマスの刺身、酢の物、フキの塩漬け、
ワカサギと山菜の天ぷら、つみれ入り小鍋、ご飯大盛り・・・
完食出来ず敗北。

次回来るときは、キッチンペーパーとタッパーを持ってこなきゃ。
by yudekibi | 2012-05-27 12:48 | 釣行記 | Comments(2)
Commented by kobapey at 2012-06-04 18:08
貴重な1匹、さすがでした。
その後に掛かってきたプレッシャーが忘れられないです。

あと、鯉だって判明した瞬間の、君の嬉しそうな顔も忘れられなかったりする。


Commented by yudekibi at 2012-06-06 12:54
岸に戻って撮影会をすべきでした。
去年と同じ過ちです・・・

なかなか、次に凄いのか来ないのですよねぇ・・・
<< 阿寒湖釣行_120528 阿寒湖湖畔警備_120526 >>