人気ブログランキング |

屈斜路湖釣行_141008

自称「夏休み」なので北海道へ。
d0166023_21564582.jpg

レンタカーのカーナビに従い、釧路空港から弟子屈へ。
知らない山道なのでちょっと新鮮。


d0166023_2202351.jpg

これは去年と同じ。



で、鱒やの近くで道警のステルス攻撃をかわし、13時頃、屈斜路湖に到着。


d0166023_22112475.jpg

平日の昼間なので、尾札部川の流れ込みには、ルアーマンの先行者が一人だけ。
台風の影響が無かったようで、尾札部川の水量は少なく、湖も濁りは無い。

竿を伸ばし、鞄の中からリールを出そうとしたら、フローティングラインのリールと
スローインターの換えスプールのみ・・・
仕方がないので、フローティングラインのリールにスローインターを巻き、釣り開始。

当然、思ったタナを通せず、釣れる気がしない。
なので、往復15分かけ、車にファーストインターを取りに戻り、
結局は14時頃、釣りを再開。


数回の魚信と1バラシの後、14時半頃、7寸なウ様が釣れる。
新竿の入魂でございました・・・

その頃から、和琴半島方面からの強風が吹き始め、湖面が波立ち、
砂底の流れ込み近傍が濁り始めると、魚信が急に増え出す。

何回かバラシた後、ヘッドを回収するあたりで根掛かりみたいな重さがあり、
竿を立てると反転して、走り出し、白銀のニジマスがエラあらいをする。
反転しまくるので、慎重に慎重に寄せてきて、なんとかランディング。
45cm位のニジマスが釣れる。
d0166023_2230571.jpg

鰭ピンな屈斜路湖のニジマスは、サイズ以上によく泳ぐから、愉しい。
さんきゅ~ また逢おぅ~Ⓡ なのです。

15時頃になると急に風がやみ、湖の濁りも急速に無くなり、
魚っ気が失せてしまう。

ニジマスっぽい魚信をバラシた後、数匹のウ様が釣れるけど、
その後は、ウ様の気配すら無くなってしまう。

それでも、粘り、16:30納竿。
初日としては上出来。


17時過ぎに本日の宿、屈斜路湖荘へ。
WiFiが使えるようになってる~ ヽ(・∀・ )ノ
d0166023_18172411.jpg



d0166023_1818425.jpg

本日の夕食。



d0166023_18183433.jpg

なんと屈斜路湖産のヒメマスの塩焼き付きなのでした(*゚▽゚)ノ
初めて食べた感想は、ヒメマスって美味しいなぁ・・・と。
by yudekibi | 2014-10-08 21:53 | 釣行記 | Comments(0)
<< 屈斜路湖釣行_141009 芦ノ湖湖畔警備_140923 >>