人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

芦ノ湖湖畔警備_111215,17~18

12/15_13:30~17:00
d0166023_21172173.jpg




12/17_13:30~16:30
d0166023_211849100.jpg





12/18_13:30~17:00
d0166023_21201159.jpg

by yudekibi | 2011-12-18 21:20 | 湖畔警備 | Comments(4)

芦ノ湖湖畔警備_111210~11

12/10: 1330~1630
d0166023_22194752.jpg



12/11: 1315~1645
d0166023_22212381.jpg

by yudekibi | 2011-12-11 22:21 | 湖畔警備 | Comments(4)

新潟・荒川釣行_111202~03

自分の失態で夜間工事が1時間半も伸びてしまい、5時半に出発。
しかし、6時半に高坂SAで撃沈し、気づくと8時半。


雨と濃霧の関越道を走り、トンネルを抜けると、
d0166023_14361411.jpg

そこは好天だったりして、出遅れ感が・・・


12時半頃、荒川・鮭釣り管理棟で受付を済ませ、13時過ぎに⑥番へ行き、
早朝に到着しているこばぴーさんと合流する。
大きな期待に反し、既に80cmの鮭を1匹、釣っちゃておりました。

14時過ぎに漁協から教えて貰った⑬と⑮番の間に移動するものの何もなく、16時に納竿。
d0166023_1447398.jpg



この日はいづみや旅館 に宿泊。
食事の時、大将と女将が、荒川の状況をいろいろと教えてくれ、
大将にはポイントまでのアプローチの地図まで書いて頂いてしまう。
情報の量と質が、桁違いに精度が高く、素晴らしすぎます。



翌日、いづみや旅館は、宿泊者のほぼ全員が4時頃から動き出す始末・・・

6時過ぎに管理棟で受付を済ませ、⑧番へ。
朝方は川上からの強風で、昼頃には暴風雨・・・
開始時に10人近くのフライマンがいた⑧番も昼には自分ら2人だけ。
どんなにがんばっても上流側に投げられない風向きが酷くて・・・

そんな中、こばぴーさんは3匹の鮭を釣り上げちゃっているし・・・
d0166023_22214384.jpg


で、こばぴーさんから場所を譲って貰うものの何も無し・・・


午後になり、雨が止み、暴風もおさまり、上流側へ投げられる状況になる。
鮭も時折、顔を出すようになる。

長いシンクティップと錘で底を叩く様な檄重システムから、
1m弱のシンクティップと錘無しのシステムで、瀬の緩い所を流し始める。
流している最中に2モゾモゾあり。
回収の最中に2魚信の2バラシあり。

しばらくの沈黙の後、15時過ぎに、流している最中に魚信があり、鮭が走り始める。
荒川の重たい流れと鮭の力強い引きに翻弄され、
竿を大きく曲げつつ、何とか岸にづり上げる。
70cmの雌鮭をようやく釣り上げる。
こういう状況だと、CNDのB-Spey、絶大な性能を発揮してくれ頼もしい。
d0166023_2238549.jpg

臀鰭にキールフックがスレ掛かりだったけれども・・・


その後、こばぴーさんが1匹追加し、16時前に納竿。
d0166023_22583927.jpg

管理棟で初の釣果報告を記入し、参加賞の鮭の味噌漬けを頂き、
3年目の荒川鮭釣行は終了。


今日の自分の釣果から、
延べ竿の釣果が高いのは、川の状況に応じてのタナあわせが容易だから、だと思えた。
たぶん、フライでもタナさえ合わせられれば、延べ竿と同様な釣果が得られるような気がした。
仕掛けの流し方、フライも延べ竿も似たようなもんだし。
フライマンの敗因は、立ち込み過ぎで、その上、遠くに投げ過ぎ、なのでしょう。
本流で長竿持っていたら、それを自制するのは難しいけど。
by yudekibi | 2011-12-04 23:01 | 釣行記 | Comments(2)