人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

芦ノ湖釣行_120226

それでも懲りずに、ルアー・フライ限定特別解禁へ、
こばぴーさん、ひらゃまさんと参加。

深夜は小雨で、支度を開始しようとした頃には雨。
6時頃には天気も落ち着き、天気予報通りの晴れになるかと思いきや、
開始時間が過ぎた頃には雪が舞う始末・・・
荒天の昨日より、遙かに寒い。


昨日の午後、良い感じだった七里(アヤヤ)に入るものの沈黙。
今日は七里(ササキG)の方が良いらしく、フライマンが小鱒を数匹釣り上げる。

小雪舞う7時半、昨日と同様、トリプルDのカウントダウン25からのデッドリトリーブに
小さな魚信があり、小鱒が釣れる。
とりあえずは、一安心。

その後、沈黙が続き、七里(アネ)へ移動。
雪が止み、ここを中心にランガンするけれど何も無し。

早川水門に見切り、七里へ来たフライマンが、
早朝にブラウンを釣ったらしかったので、
自分らは七里を見切り移動する。

でも、早川水門はそれなりの混雑。
なので、キャンプ場方面へさらに移動する。
13時前、先行者との入れ替わりで、キャンプ場前の一角に入ることができる。
d0166023_2332013.jpg


14時頃、天候が回復し、時折、日が照るようになる。
100m沖合でパワーエッグをぶっ込むボートも、1投1匹で、魚籠には大量の虹鱒が・・・・・・・・

それなりに暖かくならなってくると、鱒の活性も上がる様で、
14:25、14:40、14:55に、遠投からのデルシューFI のファーストリトリーブで
尺鱒が立て続けに釣れる。
d0166023_23452516.jpg


今日は好天だから、一日中、こんな感じだと期待していたけれど、
甘くはないようで。
by yudekibi | 2012-02-26 12:46 | 釣行記 | Comments(3)

芦ノ湖釣行_120225

今年も懲りずに、ルアー・フライ限定特別解禁釣大会へ。

3時に湖尻の無料駐車場に着く。
既に満車で、先着の大鱒師の車の後に縦列駐車する。

5時に当日券を購入したものの、雨が止む気配が無いので6時に行動開始。
周りの出足も鈍く、第一希望の椿の七里側へ入る。

6時半大会開始。
椿や七里のルアーマンが小鱒を数匹釣る。

が、すぐに周囲も沈黙。
自分の毛鉤も何もなく、雨に濡れ続けるだけ。
その後、雨が上がるものの、風が吹き始め、凍えるのみ・・・

それでも、7時半に、師がルアーで尺鱒を釣る。
d0166023_19374174.jpg



そして、10時前に、師がルースニングで尺上をばらす!!!!!

風もやみ始めた11時過ぎ、湖底を触りながらのオリーブマラブーのデッドリトリーブに
尺鱒がかかり、ようやく1匹を釣り上げる。
でも、口に傷があり、7時半の師の鱒と酷似している気も・・・

その後、七里ヶ浜へ移動する。

まずは空いていた七里(ササキG)へ。
何も無し。

14時前、次はルアーマンが帰った七里(アヤヤ)へ。
トリプルDのカウントダウン25から、オリーブマラブーのデッドリトリーブする。
2投目、魚信があり、バラす。
5投目、魚信があり、尺上が釣れる。
数投後、やっぱり魚信があり、尺上が釣れる。
d0166023_19434961.jpg



なので、師に場所を譲ってみる。
14時過ぎ、師がフライでばらす。

その後、15時納竿まで何も無し。


今年も寒くて、放流鱒が回遊していない様子。
まぁ、それでも、人が少なめなので、鱒玉探してランガンできるからましかも。


釣果は乏しいものの、それなりに楽しめたし、現調完了。
好天の明日に期待!
by yudekibi | 2012-02-25 12:45 | 釣行記 | Comments(0)

本栖湖湖畔警備_120212

07:40~11:00
d0166023_21132344.jpg

射程外で1回、射程内で1回、50cm級の鱒のライズあり。
春が近づいているようで。



そういうわけで、
d0166023_2117138.jpg

初詣・・・と
d0166023_21182326.jpg

今シーズンの顔写真付き湖畔警備証を入手。
by yudekibi | 2012-02-12 21:14 | 湖畔警備 | Comments(2)

座間養魚場_120204

土曜日の午後から車で休日出勤したので、
所定の労働時間をこなすと深夜になってしまう。

なので、木白の蟲師をそそのかし、日曜日の朝イチから座間養魚場へ行く。
開店20分前に到着すると、既に、駐車場は満車状態で、釣り人の活性は高い様子・・・

ソフトハックルと#3の竿で4時間、愉しむ。
20cm前後の虹鱒が、ほどほどに釣れる。
魚が元気だから、小さいけれど良く走るので面白い。

ここは、敷地は狭いけれど、各池の釣りエリアを明確に分離してるし、
対岸までの距離が十分あるし、
後ろは田んぼだからバックキャストにストレスを感じないし、
見た目の釣り堀感を除けば、何気に良くできた管理釣り場だと思う。

放流も頻繁だし、トイレも水洗化されたし、以前よりサービス満点になってるし・・・
経営努力が素晴らしいね。


で、同行の木白の蟲師。
d0166023_2344232.jpg

蟲毛鉤を解き放つと、鱒大興奮。

まねしたところで、自分の蟲には魚信すらなく・・・



ちょっと遠くから見るスカイツリー、まるでバベルの塔みたい。
安定感のある塔だけど、こんな巨大な構造物、人が造って良いのかと、
d0166023_23473585.jpg

若干の恐怖感があるのですが。
by yudekibi | 2012-02-06 23:43 | 釣行記 | Comments(2)