人気ブログランキング |

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

IMA in 北海道

d0166023_2125064.jpg


d0166023_2126461.jpg

及第点でしょうか・・・
by yudekibi | 2012-09-30 21:22 | その他 | Comments(0)

屈斜路湖湖畔警備_120928

06:00~07:30尾札部川流れ込み
d0166023_20364346.jpg

d0166023_2038034.jpg

視線を感じたので振り向くと、↑ 常駐の湖畔警備員の方がいらっしゃる。



08:00屈斜路湖荘
d0166023_2039680.jpg

朝食と温泉!
納豆の代わりにヒメマスのイクラを付けてくれました。




09:30~10:30オンネシレト川流れ込み
d0166023_20415969.jpg

異常なし。



11:00~12:30プリンスホテル東側
d0166023_20433918.jpg

異常なし。
先行者はフライマン。
群馬ナンバーのトラック乗り。
仕事でこっちに来ると、大型が止められる国道沿いの駐車場近くの湖畔に出没しているらしい。
フェリー待ちの時間を有効利用する、愛すべきフライ馬鹿さんでした。



12:40~14:40
和琴半島駐車場で昼寝




15:00~17:00尾札部川流れ込み
d0166023_20443269.jpg

異常なし。




17:30屈斜路湖荘
d0166023_20455818.jpg

鮭?鱒?づくしの夕食!




d0166023_20464151.jpg

翌朝の朝食。
カレイの煮付け!



通常でも、阿寒湖より厳しい屈斜路湖。
なので、今秋は、さらに厳しい状況。
でも、魚っ気はあるし、大自然の中の湖なので雰囲気は最高。
フライで満足な釣りが出来るまで何年かかることやら・・・

台風明けの尾札部川、凄いんだろうなぁ~と。
by yudekibi | 2012-09-28 12:51 | 湖畔警備 | Comments(4)

屈斜路湖釣行_120927

06:00~07:30 尾札部川流れ込み
d0166023_20264711.jpg


ちょろちょろした流れ込みのどん底をチャートリュースマラブーで引っ張ってみる。
d0166023_20274123.jpg

ウグイ様登場。


8時に屈斜路湖荘へ戻る。
d0166023_20283941.jpg

朝食と温泉!



10:00~11:30オンネシレト川流れ込み
d0166023_20333192.jpg

熊に怯えながらも沈黙。



12:00~16:30尾札部川流れ込み
d0166023_20341866.jpg

セッパリ鱒の群れは接岸中!

昨夜、巻いたビーズヘッド赤ゾンカーを試す。
沈めて引っ張る。
浮かせて引っ張る。
浮子をつけて放置。
シカト・・・

最終兵器、スプーンを投げ、あらゆる層を泳がせてみる。

完全敗北・・・



17時、屈斜路湖荘に戻る。
d0166023_2031399.jpg

追加料金無しで、焼きホッケを付けてくれました。
美味しかった~!
by yudekibi | 2012-09-27 12:49 | 釣行記 | Comments(0)

屈斜路湖湖畔警備_120926

d0166023_20204492.jpg

東邦館で朝食を食べ、8:30にチェックアウトし、屈斜路湖に向かう。



10:00~16:30
屈斜路湖 尾札部川流れ込み
d0166023_20222485.jpg

尾札部川は渇水状態。
ところが、遡上待ちらしき鱒が、射程内で時折、ジャンプする。

その後、突然、ワカサギのナブラが沸く。
セッパリなサクラマスらしき群れがイルカジャンプを繰り返す。

うん、時間の問題だな、と勝利を確信。


が、毛鉤はシカトされ、敗北。



d0166023_20232012.jpg

砂湯の土産物屋で、500円の小さな熊の木彫りを買う。
3000円の十勝石のネクタイピンを見ていたら、予算はいくら?と聞かれ、
2000円と答えたら、それで良いよといわれ、それも買ってしまう・・・




17時、屈斜路湖荘へ。
d0166023_2024799.jpg

ここの食事も美味しい。
あと、温泉が凄く良い。
設備は古いけれど、小綺麗にしているし、気さくな女将さんなので、居心地が良いのです。
by yudekibi | 2012-09-26 12:48 | 湖畔警備 | Comments(0)

阿寒湖釣行_120925

5時にフィッシングランドへ。
シリコマヘの渡船を頼む。
漁協曰く「水草が生え、静かで、何もないけど」との忠告。

05:30~08:30
それでも行きたい秋のシリコマ川尻へ。
d0166023_2084348.jpg

沈黙



9時に東邦館へ戻る。
d0166023_20185225.jpg

焼き鯖!


土産物屋でアメマスストラップを購入し、午後の部へ。



13:30~14:30
滝口
d0166023_20113923.jpg


d0166023_2013547.jpg

ウグイ様。



15:00~17:00
硫黄山川尻
沈黙


17時過ぎ、東邦館に戻る。
d0166023_20144543.jpg

d0166023_20152693.jpg

3日目はジンギスカン付き!


隣の机には、久々に日本語を話す同業者の方。
いろいろな情報を教えてもらえ、感謝なのでした。
by yudekibi | 2012-09-25 20:19 | 釣行記 | Comments(0)

阿寒湖釣行_120924

05:30~08:30大島前
d0166023_19374957.jpg

少しは水通しが良さそうなので、馬の背へ。
右からの強風なので、馬の背から温泉街に向かって投げる。

底を引っ張ってくると、重たい魚信、そのあとも往生際が悪く暴れる。
うん、アメマスだな、と確信。
d0166023_19395884.jpg

でも、ウグイ様でした。

早朝、館長と外人部隊はガレバへ行ったけど、何も無かったとの事。



9時に東邦館へ戻り朝食。
d0166023_1941182.jpg





11:00~12:00
阿寒湖は駄目な模様なので、ひょうたん沼へ行ってみる。
d0166023_200255.jpg

狭いキャスティングスペースには既に先行者。
千葉からの夫婦のルアーフィッシャー。
フィッシングランドで、ひょうたん沼か阿寒川へ行った方が良い、と言われたらしい。
小さい虹鱒がそこそこ釣れているとの事


同業者では無いので、山側へ移動し、ロールキャストしてみる。
足場が悪く、頭上の枝があり、超不自由。
それでも、底をビーズヘッド黒マラブーで引っ張っていたら、魚信あり!
途端に5Xのティペットが切れる。
唯一のビーズヘッド黒マラブーを失い、萎える・・・


ルアーフィッシャー夫婦が休憩しているので、
流れ込みのキャスティングスペースに入らせてもらう。

底をソフトハックルを引っ張ってみると、魚信がありフッキング。
走り回ってく楽しませてくれる魚がかかる。
d0166023_1944472.jpg

ヨンマル強な虹鱒が釣れる。
で、とりあえずは満足し、ひょうたん沼は撤収。



13:30~14:00
大島前
d0166023_2011186.jpg

撃沈


15:30~16:30
硫黄山川尻
d0166023_19522293.jpg

撃沈



17時には東邦館に戻る。
d0166023_2022148.jpg

d0166023_2031189.jpg

夕食は豆腐ハンバーグ編。
by yudekibi | 2012-09-24 21:37 | 釣行記 | Comments(2)

阿寒湖釣行_120923

※ウグイは釣果だと重い鱒。


13時に 東邦館へ。
珍しく?釣り以外の宿泊客が多く、中の人は超多忙な様子。
入漁券を買い、阿寒湖の状況を館長に伺う。
湖は水温が高くて駄目なので、釣るなら阿寒川かひょうたん沼に行った方が良い、との事。

14:00~17:30
とりあえず、硫黄山川尻へ。
漁協の監視員によると、やっぱり湖はどこも駄目。
それでも、土曜日に硫黄山川尻ではゴーマルな虹鱒がルアーで釣れたとの事。
川の水量があるから、他よりも多少、水温が低いから、らしい。
d0166023_19282051.jpg


で、
d0166023_1929189.jpg

結局はウグイのみ



18時に東邦館に戻り、夕食。
d0166023_19302129.jpg

d0166023_1933795.jpg

鶏の竜田揚げ編。
いつものように、ソースをかけた後で、「それはポン酢かけてあっさり食べるの」と・・・
by yudekibi | 2012-09-23 12:43 | 釣行記 | Comments(0)