人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

屈斜路湖釣行_190629

投げ練をしたくて、10時過ぎに屈斜路湖へ。
d0166023_19390591.jpg

一流ポイント近くの駐車スペースは車だらけ。
混雑は嫌なので、空いているところへ。

岸辺では小ウグイの群れがノッコミな様子。
遠投して、少し沈めて引っ張ると魚信がある。
d0166023_19392311.jpg
ウグイ玉が移動しているようで、群れに当たると巨ウ様祭りに。


そんな魚信の中にもちょっとポイントをずらすと異なる魚信もある。
d0166023_19410238.jpg
ゴーマルなアメマスも登場。
今年は良型のアメマスが多くて嬉しい。


で、7時間16ftを振り続けていたら、腕はパンパンで手首痛なのでした…



by yudekibi | 2019-06-29 19:37 | 釣行記 | Comments(0)

阿寒湖釣行_190623

東邦館の宿泊者さんと朝イチの渡船で大島へ。
定番の岩盤の岬の場所的取り合戦に参加したくないので、
空いてる反対側で始める。
d0166023_19594366.jpg
東風の潮目があって良い感じなのだけれど何も無し。
遠くでライズがあるけれど、半分は鯉の様子。



徐々に場所を移動しながら、昨日は良かったらしいポイントへ。
ライズが無いので自分は引っ張る事に。
d0166023_20002086.jpg
教えてもらった方向に投げては引っ張っていると、大きな魚信でグイグイと泳ぐ魚がかかる。
アメマスかと思っていたら良型のウ様が登場。
こんなに力強い引きならウ様も(・∀・)イイ!!



d0166023_20015367.jpg
そのあと、同行者さんの写真撮影中、投げて放置していた毛鉤にアメマスが釣れちゃうのでした…
で、9時に一旦、渡船で撤収。



11時過ぎからは、誰も渡っていなかった西岸へ再渡船。
東風が続いていたから、色々、流れ着いているのでは?という御意見をいただいたので。
d0166023_20042153.jpg
やっぱり向かい風で投げ辛い。
虫っ気が無いのはここも同様だけど、他と違うのは新仔のワカサギがウジャウジャいること。

引っ張ると、チビアメマスが毛鉤をつついてきて、たまにフッキングして釣れちゃう。
場所によっては、ウ様の魚信ばかりでウ様が釣れちゃう。

そんな感じのランガンをしていたら、向かい風でも、なんとかなりそうな良さげな場所を見つける。 

新仔のワカサギが多いだけあって、引っ張りに魚信が多い。
なんだかんだで良型の5匹のアメマスが釣れて満足。
d0166023_20073037.jpg
ゴーマルなアメマスも釣れて御満悦。



d0166023_20055007.jpg
魚信が増え始めた頃の17時の返りの渡船がもったいない状況なのでした。


d0166023_20061018.jpg
そういうわけで、本日の東邦館の夕食。


by yudekibi | 2019-06-23 19:58 | 釣行記 | Comments(0)

阿寒湖釣行_190622

夕方、阿寒湖へ到着。
d0166023_19562422.jpg
小雨で風が巻いているけれど、モンカゲは出ている様子。
でも、スレてしまったのか、水温が高いのか水面について魚が出てこない…

2回、水面の毛鉤に魚が出たけど、あわせられずに失敗。
その後、水中を引っ張ると、1回、魚信があるけれど、フッキングが甘く、バラしてしまう。

d0166023_19570828.jpg
あきらめかけていた18時半過ぎ、浮いてるモンカゲではなく、自分の毛鉤にアメマスが出てきて、ようやくフッキング。
ちょっとスレンダーなアメマスがやっと釣れる。
さんきゅ~また逢おう~® (*゚▽゚)ノ なのでした。


d0166023_19575088.jpg
というわけで、本日の東邦館の夕食。



by yudekibi | 2019-06-22 19:55 | 釣行記 | Comments(0)

屈斜路湖釣行_190616

7時過ぎに荒天予報で雨天の屈斜路湖へ。
ウェーディングジャケットと偏光グラスを忘れる…
なので、車載のカッパでしのぐ事に。
d0166023_12520257.jpg
とりあえず前日と同じ場所に入るけれど何も無し。
なので、隣りの湾処へ移動。
ウサマ祭り開催中だけど、先行者がいて入れないので、さらに風下へ。 



そこが本日の鱒溜まりだったようで、
d0166023_12522930.jpg
数投目でゴーマルなアメマスが釣れちゃう。



しばらくして、ほとんど同じ場所で魚信があって、
d0166023_12532888.jpg
また、ゴーマルなアメマスが釣れる。
ちょっと出来すぎ。 



とはいえ、その後は、沈黙が続く。

風向きのせいで岸に沿って引っ張り続けていたけれど、風が弱まってきたので沖に投げてみると、大きな魚信があって、下に下に潜る魚がフッキング。
d0166023_12541413.jpg
ロクマルなアメマスが釣れちゃう。
自分史上最大のアメマス釣果なのでした。


そういうわけで、満足して天候が荒れる前に早上がり。



荒天傾向で釣りやすい状況だったとはいえ、こんな魚を育める屈斜路湖のポテンシャル、改めて凄いなぁと思うのでした。




by yudekibi | 2019-06-16 12:51 | 釣行記 | Comments(0)

阿寒湖釣行_190615

昼前から阿寒湖へ。
強風と小雨で虫っ気がなく、投げ辛い感じ。
なので、風裏を捜す。
d0166023_12462874.jpg
モンカゲはチラホラ出ており、風裏ではフラフラ飛んでる。
そんな感じなので、魚も積極的ではなく、水面のモンカゲは風で流されるだけだったり。

でも、魚のスイッチが入ると、突然、ライズがはじまる。
そうなると、毛鉤にも簡単に飛びついてくる。
d0166023_12490789.jpg
と、一時の地合いに、1バラシ、1キャッチのアメマス釣果。
日頃、引っ張っていると、待つのが退屈で辛いのです。


by yudekibi | 2019-06-15 12:45 | 釣行記 | Comments(0)

屈斜路湖釣行_190615

7時前から屈斜路湖へ。
この時期のだからなのか春先とか晩秋とは逆の風向き。
d0166023_12434050.jpg

自分が知ってる釣れパターンと風向きが逆だからポイントも良く分からず、投げられる方向に投げるだけ。
d0166023_12441663.jpg
まずはウグイのタナを探すけれど良く分からず。
強風で波立っているのでそんなに沈めずに引っ張っていると、大きな魚信があって、その後もグイグイと。
時合いなのか、ゴーマルなアメマスが連続です二匹の釣果。


d0166023_12445049.jpg
その後は、なんとなくシングルハンドを降っていたら虹鱒が釣れちゃったのでした。


当たり前だけど、このサイズの虹鱒、#6のシングルハンドではフッキング後のやりとりには絶望的にパワー不足で、ランディングに無駄に時間がかかってしまう。道具の選択は難しい…




by yudekibi | 2019-06-15 12:41 | 釣行記 | Comments(0)

阿寒湖湖畔警備_160910

朝マズメはボッケ、昼は硫黄山川、夕方は大島前。
魚信が3~4回のみ。
d0166023_19483148.jpg

by yudekibi | 2019-06-10 19:48 | 湖畔警備 | Comments(0)

阿寒湖湖畔警備_190609

夕方、阿寒湖へ。
魚っ気、無し。
d0166023_19473443.jpg


by yudekibi | 2019-06-09 19:46 | 湖畔警備 | Comments(0)

屈斜路湖釣行_190609

昼から屈斜路湖へ。
d0166023_19412296.jpg


水面が騒がしいのはウ様の模様。
d0166023_19414671.jpg
ウ様のタナには餌が豊富なようで、尺アメマスも釣れる。


で、ウ様の魚信が途絶えると、
d0166023_19423140.jpg
銀ピカの虹鱒が登場なのでした。
まだまだ、引っ張れる屈斜路湖なのでした。



by yudekibi | 2019-06-09 19:40 | 釣行記 | Comments(0)

阿寒湖釣行_190602

14時頃、阿寒湖へ。
前日よりは気温が低い様子。
d0166023_19553832.jpg
ユスリカが少ないせいか、水面に魚信っ気が無い。
なので、とにかく遠投してみる。

とりあえず、巨ウ様とチビアメマスが釣れる。

d0166023_19555983.jpg
そして、本日もゴーマルなアメマスが釣れてくれる。
だけど、やっぱり魚っ気が希薄。

とはいえ、ちらほらとモンカゲが見られるようになってきたのでした。



by yudekibi | 2019-06-02 19:55 | 釣行記 | Comments(0)